HOME > 熱中症の3つの分類

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

熱中症の3つの分類

熱中症は、私たちにとって身近な症状です。ニュースなどで耳にする機会も多いと思います。それでも医学的には分類が混迷をきわめていることは、それほど認知されていないことでしょう。一般市民が症状や緊急性の判断をするときの難しさは、尚更のこと。ですから自分の身を守るために、できるだけの策を講じておくべきです。ひとまず熱射病の危険性があると感じたら、すぐに病院へ行くことが有効な防衛策だと感じます。また、日頃から熱中症に関する知識を蓄えておくことは必要不可欠でしょう。

それでは医学的な見地から熱中症について検討してみましょう。熱中症は大きく分けて3つに分類されると考えられています。具体的には熱痙攣(けいれん)と熱疲労、そして熱射病です。熱中症の状態も、同じく3つに分かれるようです。軽症度がⅠ度、中等度がⅡ度、重症度がⅢ度という具合です。熱痙攣はⅠ度、熱疲労はⅡ度、熱射病はⅢ度にあたるのだそうです。ではそれぞれの段階で、どういった症状が出るのでしょうか。

まず軽症度のⅠ度では、部分的な痙攣や数秒間の失神が起こります。痙攣は腹筋や四肢に起こり、腹痛を感じることもあるのだとか。失神はめまいや唇のしびれなどと共に生じます。場合によっては呼吸回数の増加や脈拍が弱まることもあるのだそうです。熱中症中等度のⅡ度では、疲労感や虚脱感、めまいや頭痛が発生します。また吐き気や嘔吐、失神といった複数の症状が併発することも大きな特徴だと言えるでしょう。大量に汗をかいて血圧が低下したり、顔色が蒼白になったり、脈が速くなった時には注意が欠かせません。熱中症の最重症度であるⅢ度の場合は、深刻な状態になります。温度調節機能が破壊され、意識障害や過呼吸などが引き起こされてしまうのです。脳や肺、腎臓や肝臓など、複数の臓器で障害が起こる多臓器不全になる可能性も大きいとのこと。そうなってしまえば、死に至ることも十分にあるそうです。早期の受診により、危機を回避するように心がけてください。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ