HOME > 中度の熱中症や熱疲労

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

中度の熱中症や熱疲労

熱中症の症状にはいくつかの段階が存在します。その中でも今回は、比較的症状の厳しい熱疲労の症状について見ていきたいと思います。熱疲労は再重度の状態である熱射病の前段階ですので、放っておくと危険な状態を招いてしまうので注意が必要です。具体的な症状としては、まずは体温が上がります。その一方、脈拍や血圧は低下するのだそうです。

口の中が渇いたり、頭痛やめまい、吐き気を感じた場合は、熱疲労の危険性があります。虚脱感や倦怠感を抱いたときには、すぐに涼しい場所に移動するようにしましょう。くれぐれも無理をせず、体温が下がるまで安静にしてくださいね。顔が赤くほてっている場合は、上半身を高くして寝ることが有効です。ちなみに対処法としては、両わきの下、太ももの付け根、首の両側の3ヶ所をアイスパックや氷のうで冷やすのが効果的だと言われています。冷水タオルで体をさすった後、ぬるま湯程度の温度の水を吹きかけて蒸発させ、体を冷やすという方法も良いのだそうです。その際、ドライヤーやうちわを活用すると効果が高まると考えられています。

もし短時間でも意識がなくなってしまったときには、早めに冷却してください。震えが出ないように注意しつつ、本人が寒いと訴えるまで冷やしていただければと思います。足先や指先などが極端に冷たい時には、その箇所だけ保温するように工夫してくださいね。意識がはっきりしてきたら、冷たいスポーツドリンクなどを補給させ、脱水症状を改善していただければと思います。熱疲労は脱水症状によって引き起こされることが多いため、体内の水分が極端に不足した時に生じやすいのだそうです。高温多湿の環境で仕事や運動をし、大量に汗をかくと水分や塩分などの電解質が失われます。だからこそ、純粋な水だけでなく電解質の飲み物の摂取が必要となってくるのです。その他の注意点としては、乳幼児や高齢者は症状の進行が早いということでしょう。さまざまな注意を払いながら、運動や仕事に打ち込んでいただければ幸いです。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ