HOME > 重度の熱中症や熱射病

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

重度の熱中症や熱射病

熱中症の症状の中で、最も重いのが熱射病です。毎年のように炎天下の駐車場の車内で置き去りにされた乳幼児が死亡するという事故が起こっているでしょう。実はほとんどの場合、熱射病が原因で死に至っているのだそうです。熱中症は進行が早い症状ですが、特に熱射病は急速に悪化することで知られています。体温が異常に上昇し、なんと40~41℃まで高まるのだそうです。このような状態では汗も出てこなくなりますし、皮膚が乾燥しきってしまいます。

症状の最初の段階では、熱疲労などと同様にめまいや頭痛、吐き気や疲労感などを感じると言われています。状態が悪化すると、血圧低下が原因でショック症状になったり、過呼吸へと進行することもあるのだそうです。異常な言動や行動を引き起こす可能性もあるので、慌てずに対処していただければと思います。また一旦意識障害が起こると、昏睡状態に陥る可能性が高まります。死亡することもあるのは、冒頭でお伝えしたとおりです。ですから、炎天下で倒れた人が呼びかけに応じなかった場合は、熱射病ではないかと疑ってください。

そして、できるだけ迅速に対処する必要があります。まずは救急車を呼ぶことが最優先です。気後れする方もいらっしゃるかもしれませんが、人命にかかわること。勇気を持って119番通報し、一刻も早く医師の治療を受けるようにしましょう。救急車が到着するまでは熱疲労の対処法と同様に、体温を下げる努力をしていきます。アイスパックや氷のう、水枕やクーリングマットなど、あらゆる物を使って熱を下げてください。ちなみに熱中症にかかってしまった時には、意識が戻った後も絶対に油断してはなりません。回復した後もしばらくは涼しい所で軽めの活動だけをするようにしてください。体が慣れてきてから徐々に運動量を増やすよう、十分注意していただければと思います。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ