HOME > 熱中症に関する2つの対処法

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

熱中症に関する2つの対処法

熱中症と思しき人を見かけた場合、必ず迅速に処置を行ってください。早急に対処しなければ、命にかかわる危険性を伴うからです。そこでまずは涼しい場所に移動させ、衣服をゆるめて寝かせていただければと思います。その後の対処法としては、2つ意識してほしいポイントがあります。それは「水分を補給すること」と「体温を下げること」。

まず水分補給についてですが、水やスポーツドリンク、食塩水などを補給させると良いのだそうです。熱中症の方が吸収しやすい飲み物は、0.1~0.2%の食塩を含んだものが代表例でしょう。100ml中に40~80mgのナトリウムが入っていることが条件なのだそうです。その他、3~6%の糖を含んでいるものや、5~15℃程度に冷やされた飲み物なども挙げられます。ちなみに上記3つに該当する飲み物が、何を隠そうスポーツドリンクです。炎天下で行動する場合は、常にスポーツドリンクを携帯しておくと良いと思います。

次に、適切な補給量についてです。運動をする30分前までに250~500mlの水分を摂取しておくと、有効だと考えられています。そして運動中は汗量の50~80%を補給することが基本です。バスケットボールやサッカーなど、運動量が多いスポーツを行なっている場合は、もっと必要でしょう。運動中には500~800mlの水分を補給する必要があると言われています。喉が渇いている時にはすでに、脱水症状は始まっているのだとか。ですから、休憩時間には必ず水分を口に含むようにしましょう。

また、体温を下げる方法も有効な対処法のひとつです。頚動脈が通っている首の後ろと、腋下動脈が通っている腋の下、大腿動脈が通っている太ももの付け根の3ヶ所を冷やすことが理想的なのだとか。血液を冷却することで汗を抑え、熱中症を改善することが狙いです。アイスパックなどを当て、体を冷やしてください。濡れタオルをあててうちわで扇いだり、ドライヤーや扇風機にあたるのも効果的です。こうした工夫を通じ、しっかりと対処していただければと思います。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ