HOME > 熱中症にかかりやすい環境とは

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

熱中症にかかりやすい環境とは

熱中症は、真夏独特の症状。このように考えている人も多いかもしれません。ところが暑い日だけの症状とは言い切れない側面があることは知っておくべきでしょう。実は熱中症にかかりやすい環境というものが存在します。熱中症にかからないためには、そうしたことも理解することが必要だと感じます。まずは天候の状態についてお伝えしましょう。なんと梅雨明けしたばかりの時は、熱中症にかかる人が多いのだそうです。

特に前日から急に気温が上昇した場合、熱中症が発生しやすい環境になると言われています。理由としては、急に暑くなることで体がうまく適応できないからだと説明できます。また、気温はそれほど高くなくても、湿度が高い場合も注意が必要です。“気温が20℃であっても湿度が80%ほどある場合”などが一例です。多湿の環境下では、慎重に行動していただければと思います。場所という側面から考えると、熱中症にかかりやすい環境はいくつか考えられます。

具体例としては、アスファルトなどの人工面で覆われている所や砂の上などです。こうした場所は太陽などの照り返しも強いため、熱射病にかかりやすいのだそうです。ですから運動する場合は、草が生えている所が理想的でしょう。ところで、普段の活動環境とは異なった場所で動き回ると、熱中症にかかりやすくなるのだとか。涼しい所から急に暑い所へ移動した場合も同様に、症状が引き起こされやすいと言われています。部活動などを行っている人の場合、休み明けの練習初日で熱中症にかかることも多いのだそうです。連日練習が続いた場合も、実は危険だと考えられています。最終日前後にかかることもあるためです。自分の体力を考えながら、無理をしすぎないように活動していただければ幸いです。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ