HOME > 熱中症を引き起こしやすい気温とは

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

熱中症を引き起こしやすい気温とは

暑い夏、外で活動している方にとって最も心配なのは熱中症でしょう。熱中症は最悪のケースでは死に至ることもあるので、危険です。現時点で軽く考えているのなら、そうした現実も直視した上で理解を深めるべきだと感じます。ちなみに熱中症が引き起こされやすい気温が存在しますので、ぜひ覚えておいていただければと思います。熱中症が心配され始めるのは、時期として梅雨明け頃から。7~8月あたりが本格的に熱中症が起こりやすくなると言われているそうです。中でも最高気温が“真夏日”と言われる30℃を超えたあたりから、熱中症患者が発生し始めるのだとか。そして33~34℃付近から、急速に熱中症患者が増加するのだそうです。なお、気温が36℃を超えた時は注意が必要です。

人間の平熱は、通常36℃ほどだというのはご存知でしょう。人間は気温が体の皮膚温度を上回ってしまうと、体温調節がうまくできなくなるのです。こうした状態では、体のあちこちに重大な悪影響を及ぼすのだとか。一例を挙げると、意識不明になったり言動がおかしくなったりするのだそうです。気温が36℃を超える時は、熱中症による死亡者が多発するというデータもあります。夏場は天気予報を確認し、36℃以上になりそうな時はきちんと熱中症対策をしたほうが無難でしょう。前日から急激に気温が上がった時も、熱中症が起こりやすいので要注意です。

このように気温と熱中症は深い関係があります。ところが、暑い日や炎天下だけで起こるわけではないのです。熱中症は体温調節機能が働かないと起こるので、体内に熱がこもってしまった場合も危ないと考えられています。室内で運動して、汗をかいたのに湿度が高くて熱がうまく発散できない場合などが危険です。野外でもないのに熱中症にかかることもあるので、換気をして熱を逃がすと良いでしょう。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ