HOME > 熱中症で救急搬送する時の注意点

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

熱中症で救急搬送する時の注意点

熱中症の応急処置を行ったものの症状が改善しない場合は、必ず救急車を呼んで病院に搬送してください。では具体的にどのような症状があった時に、119番通報するべきでしょうか。まず肩を叩いたり名前を呼んだりして、意識の有無を確認してください。一過性の失神の場合は応急処置で意識が戻ることもあります。しかし意識が回復しない場合は熱射病になっている可能性が高いです。そんなときはすぐに、救急車を呼びましょう。

また意識は失っていなくても、言動がおかしかったり、反応が鈍い場合も危険です。意識がない場合は、ひとまず救急車が来るまで気道を確保していただければと思います。そうした上で、呼吸と脈拍を確認してみると良いです。呼吸や脈拍が異常な場合は、人工呼吸と心臓マッサージが欠かせません。体を冷やしているものの、体温が上昇する場合も危ないと言えるでしょう。脱水症状が起こっていると、目がくぼみ、肌がかさかさした状態になります。

こうした症状が見られる時には、熱中症の重度の症状だと疑ったほうが良いです。なお救急車を呼ぶ際の注意点ですが、病院の指定は避けたほうが無難でしょう。なぜなら、熱中症は一刻を争うものだから。指定した病院が受け入れ可能かどうかを確認するために、時間がかかってしまいます。熱中症が怖いのは、いったん回復したと思っても、体内にダメージが蓄積している可能性があること。しばらくしたら再発してしまうということも十分あります。一度熱中症にかかった人は、熱中症にかかりやすくなるのだそうです。熱中症にかかったと感じているのなら、一度病院で診断してもらうべきだと思います。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ