HOME > 性別と熱中症

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

性別と熱中症

我々にとって身近な熱中症。誰でもかかってしまう可能性のある症状だということで知られています。夏場の暑い時期では、毎年のように熱中症で倒れた人のニュースが流れているでしょう。ところで、性別によって熱中症にかかりやすいかどうかは変わってくるのでしょうか。具体的な数字を通じ、検討することが今回のテーマです。東京消防庁による『熱中症による搬送数』のデータによると、搬送数の7割以上を男性が占めているのだとか。あらゆる世代においても、このようなデータになっているのだそうです。熱中症患者の7割以上が男性、というデータも毎年あまり変化がないと言いますから、非常に興味深いですね。それではどうして、熱中症の発症に男女差があるのでしょうか。

ひとつは、男女の体質的な違いが考えられます。熱中症を発症してしまう原因として体温調節がうまくいかないことがよく知られています。この体温調節において重要な役割を持っているのが、体脂肪と筋肉です。筋肉には活動によって体温を上昇させるという働きがあると言われています。一方、体脂肪には気温を体内へ伝わりにくくする遮温機能があるのだそうです。つまり筋肉量が多い男性は体温が上がりやすいのです。反面、体脂肪が多い女性は異なります。

その理由として、体温が変化しにくいという特徴があるためだと考えられるでしょう。女性は体質的に体温調節に優れているため、汗をかかずとも熱中症になりにくいのだと説明できます。また体質的な違いだけでなく、文化的・風習的な相違にも注目すべき点が存在します。まずは着装している服の違いです。女性は暑い時期には薄着になれますが、男性は厚着をせざるを得ない場合が多いです。また、男性の方が屋外労働に従事している人が多いということも考慮すべきポイント。炎天下で仕事をしたり、夏場でもスーツを着込んで働いたりすることで、熱中症にかかりやすくなると考えられてます。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ