HOME > 熱中症にかかりやすいタイプ

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

熱中症にかかりやすいタイプ

熱中症患者は、子どもや高齢者が多いということで認識されています。ところで一般成人でも熱中症にかかりやすい人も一定数存在します。それでは症状にかかりやすいのは、どのような人なのでしょうか。まず風邪や下痢などの病気を抱えているといった、体調不良の人は熱中症にかかりやすいのだとか。普段は平気でも、体調を崩している時は体温調節機能が低下しています。そのため熱中症にかかりやすくなってしまうのだそうです。

二日酔いや寝不足などの時に、外で作業する場合も注意が必要です。なお、肥満体型の人も熱中症にかかりやすいと言われています。脂肪は熱の放散を防ぎますが、肥満の人は熱の発生が多いにもかかわらず熱が発散されにくいのだそうです。そのため、体温が上昇しやすいと考えられています。ですから、暑い中で急激な運動をするのは控えた方が無難です。

他にも持病がある人も、熱中症にかかりやすいのだそうです。糖尿病や心臓病、高血圧や慢性肺疾患など、内分泌の疾患がある人は要注意。非常に熱中症にかかりやすいのだそうです。抗パーキンソン剤、抗コリン剤、抗ヒスタミン剤をはじめ、処方されている薬によって症状が引き起こされるリスクが高まる場合もあるようです。それでは、生活習慣で気をつけるべきところはどこでしょう。暑さに慣れていない人や厚着をする必要がある人は、熱中症に対する注意が欠かせません。厚着をして作業する必要がある人は、体内に熱がこもって発散されないようです。

そのため、熱中症にかかりやすくなってしまいます。ちなみに性格的に見てみると、我慢強い、まじめ、引っ込み思案な人などは症状に冒されやすいのだとか。「皆に迷惑がかかるから」と無理をすることで引き起こされる場合が多いようです。しかし倒れこんでしまっては、逆に周囲に負担をかけてしまうもの。炎天下では適度に休んで、仕事や運動をすべきだと思います。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ