HOME > 熱中症と猫

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

熱中症と猫

夏場に熱中症にかかる人は非常に多いです。ところが、熱中症は人間に限ったことではないのです。たとえば猫や犬などのペット。彼らにとっても、熱中症は無関係ではありません。猫の祖先はアフリカ系のリビアヤマネコと言われているため、元来暑さに強い動物だと考えられています。とは言え、夏の暑さが全く平気というわけではないです。また猫の平熱は約38℃と、人間よりも2℃ほど高くなっているのだとか。しかし猫には汗腺がありません。

気温が上がっても人間のように汗をかいて体温を下げられないのです。結果、熱中症となってしまうのです。熱中症は体温調節が機能しないことが原因で起こります。自分で体温調節ができない分、猫はさまざまな工夫を行います。暑い夏は体温を上げないよう、涼しい所でだらりと横になり、体を舐めて暑さをしのぎます。猫は「涼しい所を見つける天才」とも言われていますが、暑い最中に猫を外出させるのは控えた方が良いです。

厳しい暑さの中では日陰でも相当な気温になるからです。都心部などのアスファルトの環境では、輻射(ふくしゃ)熱で体感温度が50℃近くになるのだとか。室内でもコンクリートで囲まれたマンションでは、熱が蓄積されて午後には室内が高温になることもあるそうです。室内だから大丈夫だと安心せず、出かける際には窓を開けて風通しを良くしてあげた方が無難でしょう。特にメインクーンやアメリカンショートヘアなどの猫は暑さに強くありません。愛するペットの健康のためにも、細心の注意を払ってくださいね。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ