HOME > 猫の熱中症における症状と対策

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

猫の熱中症における症状と対策

熱中症は、人間だけではなく猫にも発生する症状です。ペットが急に倒れてしまったら、大いに焦ることでしょう。そこで今回は、猫が熱中症になった時の症状と対策法をお伝えしていきます。熱中症の症状はまず元気がなくなり、呼吸が速くなることからスタートします。しかし人間と同じで、初期症状に気づくことは難しいのだとか。

症状が重くなってくると、目や口の粘膜が赤くなったり、開口呼吸になって非常に苦しそうになるようです。こうした状態を放置すると、呼吸器系の感染症にかかってしまう危険性もあります。なお呼吸が荒い状態では、熱が41℃以上になっている場合も多いです。いくら平熱が38℃の猫とは言え、非常に危険な状態。41℃を超えると脳に障害が出る可能性もあります。43℃を超えると死亡率が一気に高まります。ですから、すぐに病院へ連れて行った方が良いでしょう。

いざという時のために、ペット用の体温計を用意しておくことも欠かせません。嘔吐や痙攣、ひきつけなどの症状が見られる時は、熱中症が重度になっている証拠です。急いで病院に連れて行き、診察してください。熱中症は人間の時と同様、とても進行が早いです。最悪の場合、手遅れになることだって十分考えられます。ですから、応急処置を覚えておくのは有効な手段だと感じます。

軽症の場合はひとまず、日陰などの涼しい場所で水を飲ませて休憩させてあげてください。重症だと思割れる場合には、体温を下げる必要があります。アイスパックや氷嚢などを首筋やわきの下、内股などに挟んでください。そして、ドライヤーや扇風機などで風を送ってあげると更に効果が高まります。同時に注意すべきなのは、軽くマッサージをすること。急激に血管が収縮してしまうといけないので、必ずやっていただければと思います。愛するペットの健康は、飼い主が守る。そうした意識を持って熱中症に立ち向かってください。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ