HOME > 熱中症と犬

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

熱中症と犬

熱中症にかかりやすいペットと言えば、やはり犬を忘れてはなりません。犬は、寒さには強い動物です。その反面、暑さに関しては人間の想像をはるかに超えるほど弱い動物なのです。それは犬の体の機能に秘密があります。必要以上の体温の低下を防ぐため、肉球以外に汗腺がないことが大きいと言われています。体温調節は、呼吸器による空気の出し入れだけで行っているのです。

夏の暑い時期に犬が『ハアハア』と荒い息をしているのは、温度を保つために欠かせない行動なのです。飼い主も犬が熱中症にかからないよう、気温の調節を行う努力が欠かせません。庭で犬を飼っている場合は、周囲の環境をチェックしてみてください。日差しの強い時間に日陰に入れる程度にロープの長さが保たれているかを確認することなどは序の口。日陰でどのくらいの気温になっているかを見てみると良いでしょう。ちなみに、興味深い事実がひとつあります。それは熱中症にかかる犬の多くが、室内で飼われているということ。原因は、複数存在するようです。

たとえば熱のこもりやすい室内にも関わらず、エアコンのスイッチを入れ忘れて出かけることがひとつ。買い物や食事をする間、日差しの強い駐車場に止めた車の中に放置することでも発生します。熱中症はひどい場合、命を失ってしまうことも多いです。このような不注意は絶対にしないように、くれぐれも気をつけてくださいね。最後に、暑さに弱い犬種についてお伝えしようと思います。元来犬は暑さが弱点ですが、特に弱い犬種があるので注意しましょう。鼻の短い短頭種犬と言われる、パグやシーズー、ブルドッグやペキニーズは熱中症にかかりやすいのだとか。というのも短頭種犬は、上あごの奥の部分とのどが近いため呼吸がしづらいためです。また首の部分が圧迫されているので、のどが狭いことも原因でしょう。ちなみに太り気味の犬も呼吸障害がひどくなるようですので、こまかく注意する必要があるでしょう。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ