HOME > 犬の熱中症における症状と対策

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

犬の熱中症における症状と対策

犬は暑さにとても弱い動物です。そのため、熱中症にかかりやすくなっています。ですから熱中症の症状と対策を理解しておくべきことが飼い主の務めと言えるでしょう。犬は呼吸にて体温調節を行なうため、熱中症にかかるとあえぐような激しい呼吸になります。大量のよだれも熱中症の症状だと考えられるでしょう。なお、口の中の粘膜が鮮紅色になっていたら症状に冒されている証拠です。脈拍の速さもチェックポイントのひとつ。

極端に速くなっていたら、熱中症だと疑って差し支えありません。また、体温が40~41℃に上がっていたらほぼ間違いなく症状にかかっています。ですので、迅速な応急処置が求められます。血液の混じった嘔吐や痙攣、下痢などは危険信号と言えるでしょう。そのまま放っておくと心音や血圧が低下して呼吸不全になります。ショック症状を引き起こすこともあるので、病院での診察が必要になります。ちなみに応急処置においては、体を冷やすことが最も重要なこと。水が飲めるような状態であれば、冷水を飲めるだけ飲ませてください。そして風呂場や流しなどで冷水などをかけて体全体を冷やし、体温を下げます。

このような努力を経て熱が下がっても、決して安心しきってはなりません。平気そうに見えても、臓器がダメージを受けている危険性があるためです。必ず病院を訪れ、回復しているかどうかを診察してもらうことを心がけてくださいね。犬の熱中症予防法としては、室内で飼っている場合は、こまめに気温の調節をすることに尽きます。人間がシャツを一枚着ているぐらいの気温が、犬にとっては心地よいのだそうです。屋外で飼っている場合は、日よけを準備して日陰を作ってあげても良いでしょう。毎日の散歩も、夏場は夕方涼しくなってから行くようにするのが無難です。普段より散歩時間を短くして、なるべく土や草の上を歩かせてあげるようにする配慮してください。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ