HOME > 子どもの熱中症を防ぐために

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

子どもの熱中症を防ぐために

一説によると、熱中症は10年前と比較して大幅に増加しているそうです。理由はやはり、地球温暖化をはじめとした環境面の影響でしょう。近年では平均気温が35℃を超える猛暑日も珍しくありません。こうした環境下においては、熱中症にかかる可能性は随分と高まるようです。ちなみに子どもは大人よりも熱中症にかかりやすいと言われています。原因としては、体の水分量の割合にあるようです。

成人が体重の60%であるのに対して、幼児は65%、乳児は75%程度。水分量の割合は高いのですが、絶対量が少ないため、水分が体から蒸発すると脱水症状が起こりやすいそうです。また子どもは体重に比べて体表面積が大きいと知られています。新陳代謝の良さが拍車をかけるような形で汗をかきやすくし、熱中症にかかりやってしまうのです。乳児の場合は、まだまだ体温調節が未熟なので、細心の注意が欠かせません。車内に子どもを置いて、買い物や食事に行っていたところ、熱中症で死亡していたというニュースは最早聞きなれていることでしょう。子どもはたった10分の間でも熱中症にかかり、重症化してしまうことが多いです。

車内に子どもを残して出かけることは、あってはならないことだと理解していただければ幸いです。とは言え、夏の暑い日でも子どもは外で遊びたがるもの。小さなお子様を抱える方は、熱中症にならないように予防することが欠かせませんね。外で遊ぶ際には、吸水、吸汗、速乾素材の衣服を身に着けさせ、帽子を被せるようにしてください。黒い服は熱を吸収しやすいので、避けた方が無難です。また風通しの良さを高めるために、襟元が開いているタイプの洋服を着せると良いでしょう。子どもは一生懸命遊んでいると、喉の渇きを忘れてしまいがちです。15分おき位の間隔で、水分を補給させるよう心がけてください。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ