HOME > 高齢者の熱中症を防ぐ

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

高齢者の熱中症を防ぐために

高齢者の熱中症を防ぐために熱中症は、子どもと共に高齢者がかかりやすいと考えられています。今回はその原因を分析していきます。まず、室内での熱中症についてです。熱中症は屋外で起こるものだと考えている方も多いでしょうが、熱中症患者の約3割は室内で症状にかかっています。

特に高齢者の場合は、加齢と共に暑さを感じにくくなっているようです。そのため高温多湿で無風の環境では、うまく熱を体外に放出できなくなってしまうとのこと。こうした体質の影響により、室内にて熱中症にかかってしまうようです。更に、加齢と共に汗が出にくい体質に変化していることも背景にあるでしょう。また、水分の摂取量が少ないことも見逃せません。人間の体は、水分が不足すると脳が水分補給の指令を出します。

ところが、高齢者はこうした働きが衰えているのです。喉が渇いていても、いつもの持病のせいだと思いこんでしまう方も多いのだとか。それに加え、頻尿や尿漏れになるのが嫌で、水分摂取を控えてしまう人も少なからず存在します。しかし高齢者は水分が出やすくなっていますので、周囲の人はこまめに水分摂取するように配慮した方が良いです。水分不足は熱中症だけでなく、他の危険な病気も引き起こしやすくなります。水分が不足すると血液が濃くなり、血栓が発生しやすくなるのだそうです。

つまり、脳卒中になってしまうリスクがグンと上がると考えて差し支えありません。脳卒中で倒れると取り返しのつかないことになります。だからこそ、高齢者が嫌がっても水分を摂取させるように促してくださいね。なお高齢者の中でも、高血圧の人は注意が欠かせません。そして高齢者は若い成人よりも症状を自覚するタイミングが遅いと考えられている点も留意すべきでしょう。気付いたときには重症化していることも珍しくありません。周囲の人が、熱や唇の渇きなどから調子を判断していくように心がけていただければと思います。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ