HOME > 熱中症予防8ヶ条を学ぶ(前編)

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

熱中症予防8ヶ条を学ぶ(前編)

『スポーツ活動中の熱中症予防8ヶ条』をご存知でしょうか。これは財団法人日本体育協会が熱中症の事故を減らすために、まとめたものです。熱中症は予防すれば避けられるものですので、この8ヶ条を守ると良いでしょう。今回はまず、最初の4ヶ条を紹介します。1つ目は「知って防ごう熱中症」です。熱中症は、熱失神、熱疲労、熱痙攣、熱射病の4つの病形があります。特にスポーツを行なう時には、熱疲労と熱射病に注意する必要があるでしょう。

次に紹介したいのは「あわてるな、されど急ごう救急処置」。軽い熱中症の症状であれば、応急処置で回復する場合も十分あります。ところが、熱中症は油断していると急速に悪化してしまうことも否定できません。決して軽く考えず、きちんとした応急処置を施すことが欠かせないでしょう。必要があれば、病院で診断してもらうことも視野に入れるべきこと。どういった症状が出たら病院へ行くべきかを、あらかじめ知っておく必要があります。

そして3つ目は「暑いとき、無理な運動は事故のもと」です。暑い所で無理に運動すると逆効果になります。気温や湿度、輻射熱や風速などの環境条件をよく検討し、適した運動をするように心がけてください。第4番目としては「急な暑さは要注意」ということになります。熱中症は気温が高い時だけではなく、急激に気温が上昇した日や梅雨明けの蒸し暑い日にも発生しやすいものです。熱中症対策としては暑さに慣れることも必要ですので、体がなじむまでは激しい運動を控えた方がよいと思います。4~5日すると8割がた慣れてくるので、気長に取り組んでいただければ幸いです。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ