HOME > 熱中症と病院での検査や治療方法

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

熱中症と病院での検査や治療方法

体を冷やすことと水分を補給させることは、熱中症の応急処置として有効な手段です。しかし意識不明などに陥っていたり、体温が40℃以上になってしまった場合は、これだけでは不十分。病院で治療を受けなければ、死に至ってしまう危険性もあります。ところで病院ではどのような熱中症の治療が行われるかご存知でしょうか。病院ではまず熱中症の症状の種類と程度を把握することからはじめます。体温だけでなく血圧や脈拍を測定し、呼吸や身体の所見が実施されるのだそうです。

それでも熱中症の症状が把握できないような場合には、更に詳細な検査が行われます。血液検査や尿検査、レントゲンや心電図検査などがその一例です。こうした検査を経て症状の悪化が認められる場合には、CT検査やエコー検査、MRI検査も検討されるのだとか。様々なチェックを終えてから、実際の処置に移ります。まずは静脈路を確保し、点滴で生理食塩水やリンゲル液を注入し、体力の回復を促します。

しかし低血圧や痙攣、横紋筋融解症などの合併症が併発しているようであれば、次の策が講じられる模様。酸素投与や昇圧剤、痙攣剤や尿アルカリ化の治療で、回復を目指すのだそうです。症状が悪化しており、呼吸不全や意識障害が起こっている時には、集中治療室で治療を受けることもあります。熱中症は悪化してしまうと、回復までに膨大な時間がかかります。処置も大変な労力が必要となりますので、決して侮ってはなりません。特に子どもや高齢者は悪化するのが早いです。一緒に行動する時は体調をよく観察し、様子がおかしいと感じたらすぐに病院へ連れて行ってくださいね。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ