HOME > 熱中症による死者の統計

小林製薬のグルコサミン

小林製薬のグルコサミン

熱中症による死者の統計

ニュースを通じ、熱中症で亡くなっている人が数多くいることをご存知かと思います。それでは具体的に、どれくらいの人が亡くなっているのでしょうか。厚生労働省では、毎年人口の動きについて様々なデータを取っています。2007年には過去最高レベルとなる904もの人命が熱中症で失われたと発表されました。これまでの最高は、2004年の432人。

そんな中、2007年は過去最多記録を大幅に更新してしまったのです。温暖化が叫ばれる昨今、今後数年で2007年以上の死者を記録する可能性は否定できないところ。十分な注意が必要だと考えさせられる数字ではないでしょうか。ちなみに年齢別で見てみると、全体の約8割が60歳以上の高齢者となっています。これまでは、外で長時間作業している人やスポーツをしている人が熱中症にかかるというイメージがあったでしょう。しかし最近では、室内での熱中症患者が増えていることが解明されているのです。残りの2割の患者については、年代が上がるごとに熱中症で死亡する患者が増加しているのだとか。また都道府県別に熱中症患者の死亡数を見てみると、都市部が多いようです。

東京都や埼玉県、大阪府などの大都市では、熱中症の発生が増えていることが判明しています。都心部はアスファルトによる輻射熱を浴びることが多いため、熱中症患者が増加しているようなのです。熱中症にかかると、25%の人が命を落とすというデータもあります。つまり、4人に1人が死に至るということ。恐るべき数値だと実感していただけるでしょう。熱中症に関する私たちの知識の少なさが、ここまで熱中症患者を増やしてしまったとも考えられます。一人ひとりが知識を持ち、日頃から熱中症対策をするように心がけることが肝心なのではないでしょうか。7~8月の酷暑は、あっという間にやってきます。本格的な夏の訪れを感じる前に、自衛手段として綿密な熱中症対策を行っていただければ幸いです。

楽天オススメ商品

アドセンス広告

ページトップへ